『将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」』:雨読夜話

ここでは、「『将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」』」 に関する記事を紹介しています。
将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」 (PHPビジネス新書)
将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」 (PHPビジネス新書)
澤上 篤人
PHP研究所 2016-01-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
2020年に大差がつく長期投資
お金に支配されない生き方
長期投資家の「先を読む」発想法: 10年後に上がる株をどう選ぶのか
国債暴落をものともしない長期投資
その時、あなたの預貯金は本当に安全か? (アスカビジネス)
長期投資はじめの一歩 -明日につながるプラスサムの資産形成をしよう-
長期投資でお金の悩みから自由になった人たち
国債が暴落しても長期投資家は平気だよ
めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが日本一ブレない長期投資家澤上篤人さんに本気でぶつけた質問状128
大変化 経済学が教える二〇二〇年の日本と世界 (PHP新書)


長期投資を謳う独立系の投資信託であるさわかみファンドの創業者・澤上篤人氏と、現在さわかみファンドの投資責任者を務める草刈貴弘氏による、(日本株を中心とした)長期投資のすすめを語っている作品。

「なくなっては皆が困る企業」を応援するスタンスで書かれていて、このあたりは澤上氏の他の著作と共通している。
そして預貯金は銀行やゆうちょ銀行に運用を委託しているわけで、国債の購入に向かったのは無責任なことではないかと主張している。

ここまでは目新しくないが、そこから債券が現在バブルの状態にあり、今後暴落の可能性があるという話は一考に値する。
債券への投資はリターンがリスクに見合っていないという話を読んだこともあるので、債券投資は少し休んだ方がいいかもしれないと思った。

そして企業への応援というスタンスでの長期投資が日本で広まれば、海外の企業も短期の利益を求めずに長期投資してくれる日本の株式市場の魅力を感じて東京証券取引所で上場するようになるのではないか?という夢も語っている。

コストが安くて最近脚光を浴びることが多いインデックスファンドの弱点としては、市場全体に投資するために滅ぶべき運命にあるゾンビ企業を含んでいることを挙げているが、長期的に見れば過去の倒産した多くの企業のように株式市場から退場させられることには変わりなく、この手の企業に投資する期間が生じることを我慢するかしないかの違いなのだろう。

日本ではインデックスに勝っているアクティブファンドの割合が他国よりも高いらしいこと、別にどちらかに絞る必要があるわけでもないと考えていることもあり、インデックスファンドだけでなく、さわかみファンドやひふみ投信も積立購入をしている。

澤上氏だけでなく草刈氏も語っていることで澤上氏の他の著作と比べて変化が出ており、興味深く読んでいくことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック