『マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資』:雨読夜話

ここでは、「『マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資』」 に関する記事を紹介しています。
マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資
マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資
三原 淳
幻冬舎 2017-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営
WASHハウスの挑戦 ― コインランドリーのデファクトスタンダードへの道
知っている人だけが儲かる コインランドリー投資のすすめ
手堅く・長期的な利益を得る コインランドリービジネス新常識
なぜ彼は、コインランドリー投資を選んだのか? (リンダパブリッシャーズの本)
病院崩壊
人生の勝算 (NewsPicks Book)
相続対策で消える富裕層、生き残る富裕層
多動力 (NewsPicks Book)
ゴルフはインパクトの前後30センチ!


コインランドリーのフランチャイズを運営する会社の社長による、コインランドリー投資の魅力や注意点などを解説している漫画。

このところコインランドリー投資がバブルの様相を呈しているように見え、近所でも新しいコインランドリーが開店しているのを見かけたこともあって、図書館にあったので借りて読んでみた。

使う側としては、乾燥機をよく利用している。

話の流れとしては共働きの夫婦が将来への不安があることから研究を始め、著者の会社のフランチャイズになって開店にこぎつけ、軌道に乗せるまでを描いている。
かなり2人とも忙しいように見えるが、じっくり投資に向けての研究する時間は確保できたのか?と思いながら読んでいった。
まずは費用と調査・準備の期間を確保することが第一のようである。

平均して初期費用が2000万円くらい、年間の収益が360万円くらいと、初期費用を回収するまでには5年以上がかかるようで、それなりのリスクを負うことになるのが分かったのが、最もためになったところかと思う。

他にも悪質な業者、設置場所の選定が収益に大きな影響を及ぼすこと、治安対策、開店時の販促など、コインランドリーを経営する上でのポイントが多く書かれている。

コインランドリーといえば普通の建物に造るものというイメージがあるが、移動や撤去がしやすいプレハブ型のものもあることが書かれていて、この点も少し驚いた。
ただ、電気や水道、ガスの共有などはどうするのか?振動に耐えられるのか?などの部分が疑問に感じたりもした。

近隣の開店状況を見るとうかつに手を出すべきでないように思うが、知らなかった分野の話を色々と知ることができ、興味深かった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック