『戦国名将一日一言』:雨読夜話

ここでは、「『戦国名将一日一言』」 に関する記事を紹介しています。
戦国名将一日一言 (PHP文庫)戦国名将一日一言 (PHP文庫)

童門 冬二
PHP研究所 1996-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『名将言行録』から365の言葉やエピソードを紹介している作品。

知名度があまり高くないと思われる人物の言葉もけっこう収録されていて、例えば堀直政、直寄の親子(堀秀政の家老)が多く登場する。

秀吉が高く評価した陪臣(大名の家臣)には直江兼続、小早川隆景、鍋島直茂の3人がいると何かで読んだことがあるが、鍋島直茂に代わって堀直政が入っているものもあるようで、匹敵するレベルの人物だったらしい。

また、武田家からは武田信玄や山本勘助の他、四天王として山県昌景、馬場信房、高坂昌信、内藤昌豊の4人の話が多く収録されているのも印象に残る。
全盛期の武田信玄が強かったのも、人材面で優位にあったことも要因の1つだったことが分かる。

具体的な表現で経験に裏打ちされた言葉が多く、読みやすい構成もあって読み返すのにも向いている。
興味深く読むことができ、改めて参考になった。





『名将言行録』乱世の人生訓 (PHP文庫)『名将言行録』乱世の人生訓 (PHP文庫)

兵頭 二十八
PHP研究所 2016-06-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 童門冬二,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック