『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』:雨読夜話

ここでは、「『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』」 に関する記事を紹介しています。
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広
ダイヤモンド社 2014-02-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生きるために大切なこと
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
もしアドラーが上司だったら
アドラーに学ぶ部下育成の心理学
物語でよむアドラー心理学 (リンダブックス)
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
アドラー心理学 ―人生を変える思考スイッチの切り替え方― (スッキリわかるシリーズ)
困った時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)


ドイツの心理学者であるアルフレッド・アドラーの著作から、100の言葉を紹介・解説している作品。
アドラーの心理学はフロイトやユングと比べると知名度が低いが、多くの人々に影響を与えたらしい。

アドラー心理学の考え方で印象に残るのは、人は思ったように生きているということで、一見苦しんでいるようなことも自分が招いている場合も多いように語っていて、確かにビジネス書などで読んだような考え方だと感じた。

そして例えば怒りっぽい人は怒ることで周囲の人々から有利な条件を得ようとしていて、よく泣く人や愚痴っぽい人、弱さをさらけ出す人にもあてはまるとしていて、考えさせられる。

このように人はどうしたら人から認めてもらえるのか?というモチベーションで生きているようなところがあることが書かれていて、怒っている人や泣いている人の言うことを聞きすぎるのは誤ったメッセージ(こうすれば言うことを聞く)につながるとあり、どこぞの国との外交などを考えると当てはまると思った。

この考え方からいくと、叱ることだけでなく褒めることもある種の弊害があることになる。
それではどうすればいいのか?というと、ある行為をした結果どうなるのか?どのように自分に降りかかってくるのか?を認識させることだとあり、正しいが辛抱強さが必要になるとも思った。

そして後半では、共同体意識という言葉が多く使用されている。
これは周囲に喜ばれる行動を続けることで、自分も気持ちよく充実感が得られて好循環が生まれる話でなされている。

ポイントとしては見返りを求めると残念な人になるので、見返りを求めないで実行することと書かれている。
見返りを求めずにいいことをしているという意識があることが幸福につながるというわけで、理解できそうである。

アドラーの心理学について読むのはおそらく本書が初めてだと思うが、思っていた以上に前向きかつ受け入れやすい内容だったのには少し驚いた。
興味深く読むことができたので、他にも関連した作品を読んでみようと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック