『日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか』:雨読夜話

ここでは、「『日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか』」 に関する記事を紹介しています。
日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか (朝日新書)
日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか (朝日新書)
大澤真幸
朝日新聞出版 2016-10-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
げんきな日本論 (講談社現代新書)
憲法の無意識 (岩波新書)
可能なる革命 (atプラス叢書)
考えるということ: 知的創造の方法 (河出文庫)
続・ゆかいな仏教 (サンガ新書 72)
〈世界史〉の哲学 近世篇
日本的革命の哲学 (NON SELECT 日本人を動かす原理 その 1)
〈わたし〉と〈みんな〉の社会学 (大澤真幸THINKING「O」)
敗者の想像力 (集英社新書)
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)


日本はほとんど革命が起こらない国だが1度だけ起こったという観点から、日本の歴史的な社会構造や天皇の役割などを外国の革命などと比較して考察している作品。

著者が定義する革命とは、外圧によらず自国のメンバーによって起こされた変化という意味合いを持たせていて、例えば大化の改新や明治維新は、唐や欧米列強の外圧に起因するものなので革命とは言えないとしている。

その1度だけ起こった革命は何かというと、鎌倉時代に北条氏が執権を務める鎌倉幕府が後鳥羽上皇をトップとする朝廷に勝利した承久の乱で、この時軍を率いて京都を制圧したり執権になってから御成敗式目を制定した北条泰時を日本で唯一の革命家と評している。
そして泰時が革命家のイメージとはかけ離れた、朝廷からも武家からも人気のある人物だという。

ここから中国および西欧の革命がどのようなものかを比較対象として解説している。
中国は『孟子』にあるような天が皇帝(天子)を信任する形で信任を失ったら別の者がまた皇帝になるという形、西欧では旧約聖書と新約聖書のように従来の経典や法律を否定する形で革命がなされる形だとしていて、イメージは伝わるが要約はしづらい。

そして日本だと天や経典ではなく天皇との関係が重要な意味を持つことが書かれていて、ここから小難しいロジックや事例を用いて社会構造や革命についての話がなされていくが、ついていけるところとついていけないところがあった。

例えば外交をやっていれば外圧が完全にない状態なんてないと思うのが引っかかるなど、消化不良なポイントがいくつもあり、途中から話の内容が頭に入らなくなってしまった。

学生時代に社会学は少しは学んでいたはずなのだが、理解がついていかなかったのは私の知識や理解力の問題なのだろう。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック