『ARTBOX ゆるかわ妖怪絵』:雨読夜話

ここでは、「『ARTBOX ゆるかわ妖怪絵』」 に関する記事を紹介しています。
ARTBOX ゆるかわ妖怪絵
ARTBOX ゆるかわ妖怪絵
安村 敏信
講談社 2016-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
浮世絵でみる! お化け図鑑
大妖怪展Walker ウォーカームック
カレンダー2017 ときめく妖怪暦 古今東西妖怪詰め (ヤマケイカレンダー2017)
日本の大妖怪 (別冊宝島 2476)
ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)
怖い浮世絵 (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)
鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア)
しずおか 妖怪・奇談を訪ねて―現代に残る不思議スポット
ゆる妖怪カタログ
北斎決定版 (別冊太陽 日本のこころ)


タイトル通り、ゆるかわな妖怪画をカラーで紹介している作品。

これまで本や博物館の特別展などで見たことのある河鍋暁斎や歌川国芳、鳥山石燕らの浮世絵、『百鬼夜行絵巻』のバリエーション、源頼光と四天王による酒呑童子や土蜘蛛の退治を描いた絵巻物などもあれば、初めて見る妖怪絵も収録されている。

初めて見た中では江戸時代中期に耳鳥斎(にちょうさい)という人物が描いた「別世界巻」というものが印象に残る。
これは地獄に落ちた人間が生前の行いに応じた地獄で苦しむ姿を描いたもので、残酷な絵のはずなのに鬼も人間もとぼけた表情とタッチでゆるい感じとなっている。

例えば喫煙者は鬼から人間キセルや人間タバコ入れにされたり、仲居さんが急須などの器物に追いかけられたり、華道家が剣山に何人かとまとめて生けられたりと、風刺画の要素も強い。

画家や絵、妖怪などに関する説明も充実しているが、これを抜きにして単純に絵のみを楽しむこともできる。





ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)

門賀 美央子
山と渓谷社 2016-07-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック