『悪夢のIT業界ジョーク集』:雨読夜話

ここでは、「『悪夢のIT業界ジョーク集』」 に関する記事を紹介しています。
悪夢のIT業界ジョーク集 (中経の文庫)悪夢のIT業界ジョーク集 (中経の文庫)

世界ITジョーク研究会
中経出版 2008-08-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


開発現場のブラックさ、コンピュータに疎い人とそれに対応するオペレータやシステム管理者が引き起こすドタバタ、マイクロソフト社のWindowsシリーズの不具合や仕様、対応などのひどさ、コンピュータやネットに依存してしまった人の言動など、ITに関連するブラックジョークを集めている作品。

英語圏ではこの手のジョークが一大分野になっているそうで、それらを日本人が読んでも楽しめる形に構成されている。

これまでにやってきた仕事柄から、ユーザーからの頭を抱えてしまいそうな問い合わせ内容、高すぎる期待値や無理解による理不尽な要求、度重なる仕様変更、納期やコストを無視した無茶振りやゴリ押しなどによる開発者へのしわ寄せなど、身につまされるものが多すぎる。

特に、社内外からの理不尽な要求に心を込めて対応したことで精神に異常をきたした人物が語る「システム管理者よりひと言」という45ヵ条のアドバイスは、ユーザーなどからの要求や言動に対する皮肉がたっぷり込められているのが重くていい。

また、マイクロソフトやビル・ゲイツに関するジョークもまた、マイクロソフトの製品を使用してきた多くの人にとって思い当たるものが多いはずである。
以前読んだ漫画『機動戦士ガンダムさん さいしょの巻』ではアムロがWindowsのOSが入っていると思われるガンダムで大気圏突入をしようとしてひどい目にあう回を思い起こした。
また、本書で書かれている「彼らの回答は、理論的には正しいが、まったく役に立たなかった」という言葉がつぼにはまる。

ジョークなので出来不出来、合う合わないはあるが、複雑な思いを抱きながらも楽しく(?)読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック