『見抜く経済学 - これからの社会を生き延びるためのものの見方・考え方』:雨読夜話

ここでは、「『見抜く経済学 - これからの社会を生き延びるためのものの見方・考え方』」 に関する記事を紹介しています。
見抜く経済学
見抜く経済学渡邉 哲也
かんき出版 2014-02-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人が知らない世界の「お金」の流れ
渡邉哲也のポジショントーク未来予測法 「経済の先行き」「世の中の動向」がなぜこれほど明確にわかるのか(Knocktheknowing) (Knock‐the‐knowing)
戦争へ突入する世界 大激変する日本経済: 中国暴走と欧州解体から始まる金融危機
「お金」と「経済」の法則は歴史から学べ!
貧者の一票 グローバル経済の崩壊と連鎖する無血革命
儲(もうけ)
中国壊滅
これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書)
パナマ文書 : 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う
世界経済の激変を1時間で読み解く


日本経済の行方について、しっかりした論拠からポジティブな展望を語ることの多い経済評論家による、偏向報道などに惑わされずに多くの情報から経済の本質を探るための手法を解説している作品。

日本では特に、いつの時代でも悲観的な報道ばかりがなされる傾向にあるが、これは外れれば「我々が警鐘を鳴らしたから回避できた」と言えるし、当たれば「だから言ったのに・・・」と、責任を追求されずに済むからとあり、確かにそうした面はあると感じる。

また、とりあえず政府のやることに反対する左派的なメディアが多い背景には、団塊の世代で学生運動をやっていた人たちが一般企業から排除され、マスコミ業界に多く就職したことがあるというのも納得しやすい。
これはマルクス主義の経済学や歴史学がいまだに生き残っているアカデミズムの世界でもそうだと思う。

さらに、マスコミや経済評論家などが一次情報に当たることを怠って中には正反対のニュアンスで解説していることも多いと書かれていて、偏向しているだけでなく不勉強もひどいのかと呆れてしまった。

そして裏を取るための情報源を持つことの重要性を語り、例えば内閣府が出している白書等(経済財政白書、世界経済の潮流、地域の経済等)や、経済レポート専門ニュースが紹介されていて、参考にしようと思った。

加計学園の異常な報道を見てもいたずらに不安を煽ったり疑心暗鬼にさせるような情報は多く、多少なりとも情報の真偽を見極められるようになりたいと思った。
本質的で時間が経っても通用する内容だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック