『薄っぺらいのに自信満々な人』:雨読夜話

ここでは、「『薄っぺらいのに自信満々な人』」 に関する記事を紹介しています。
薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)
薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)
榎本 博明
日本経済新聞出版社 2015-06-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)
「上から目線」の扱い方 (アスコムBOOKS)
「イラッとくる」の構造 (ベスト新書)
「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち (朝日新書)
「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書)
ほめると子どもはダメになる (新潮新書)
「すみません」の国 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 157)
「正論バカ」が職場をダメにする (青春新書インテリジェンス)
「やりたい仕事」病 (日経プレミアシリーズ)
「やさしさ」過剰社会 人を傷つけてはいけないのか (PHP新書)


近年の日本で目立っている行動などについて、心理学の観点から分析している作品。
具体的には裏づけもないのに自信満々な言動をすることや、「意識高い系」と呼ばれる言動、SNSの普及でつながりに依存というか縛られがちになる傾向などである。

まず、裏づけもないのに自信満々なのは元々人間にある自己評価が高い傾向に加え、リスクや問題に対する考慮が足りないためとばっさり切り捨てていて、ポジティブになることが正しいと言い過ぎる風潮がそれを助長していると補足している。
成功している人は多かれ少なかれ不安を抱えた状態を乗り越えてきたわけで、ネガティブさによる慎重さもまた必要との意見は納得しやすい。

次に意識高い系になる背景には、周囲に見られることへの意識の強さと、認められるために地道な努力をする意欲にギャップがあることを挙げている。
結局、これも自分のことばかりで周りが見えていないという話になる。

そしてSNSへの依存については、24時間ずっと周囲の意向に振り回されがちになったり、仲間うちだけの狭いつながりに引きこもる例が書かれている。
さらには職場でもウェットな関係を求めたり、1人になることの恐怖についても書かれていて、この傾向が1人でじっくり考えることができなくなり、上記の行動につながっている部分もあるようである。

この手の本ではありがちな提言のところが弱いのは本書でも同様だが、心理が行動につながるプロセスが分かりやすく解説されていてなるほどと思いながら読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック