『ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法』:雨読夜話

ここでは、「『ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法』」 に関する記事を紹介しています。
ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法
ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法
飯村 久美
アスコム 2015-08-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート
お金が貯まる「体質」のつくり方
今度こそ「貯められる女」になる67のルール 最低でも月収の1/3が貯金に!
子どもを持ったら知っておきたいお金の話
その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか
年収200万円からの貯金生活宣言
貯められる人は、超シンプル
「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル
“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる
1行家計簿―――世界一かんたんにお金が貯まる本


考え方や行動を少し変えることで、あまり抵抗を感じずにできる節約の手法を解説している作品。

この手の本では「長財布を使う」とか「家計簿をつける」といった方法が紹介されることが多いが、どちらもあまりやりたくないと思っていてやったことがない。
(長財布だとポケットに入れづらいし、家計簿をつけないは単にめんどくさいから)
それが本書では、どちらもする必要がないとはっきり書いてくれているのは元気を与えてくれる。
ただし財布の状態をきれいに保つことは重要というのは分かるので、財布の中に入れるカード類は少なくしておこうと思った。
(私の場合、使わなくなった古い財布を使う頻度の少ないカード入れにしている)

次に印象に残ったのは、セール情報に敏感になったりポイントを貯めたりすることの弊害を指摘しているところで、これこそが店側の思うつぼだというのは納得しやすい。
私が現在よく使用しているポイントカードはTカード、ブックオフのポイントカード、よく行くドラッグストアのポイントカードなどだが、利用頻度が少ないカードを新たに増やすことには慎重でありたい。
友人の中にはセール情報を得るとすぐに「お得」と言う人がいて、私にとっての反面教師になっている面もある・・・

他にも確定拠出年金やふるさと納税の活用による節税や断捨離による身の回りの整理、まとめ買いや送料無料の誘惑にあまり乗らないことなど、普段意識しないがやればできそうな方法が多く書かれている。

思っていた以上に参考になったと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック