『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇』:雨読夜話

ここでは、「『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇』」 に関する記事を紹介しています。
秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)
秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)
滝沢 弘康
SBクリエイティブ 2013-09-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
織田信長の家臣団―派閥と人間関係 (中公新書)
信長軍の司令官―部将たちの出世競争 (中公新書)
豊臣秀吉軍団100人の武将 (新人物文庫)
信長の戦争 『信長公記』に見る戦国軍事学 (講談社学術文庫)
信長と消えた家臣たち―失脚・粛清・謀反 (中公新書)
関白秀次の切腹
「桶狭間」は経済戦争だった (青春新書インテリジェンス)
天下統一 - 信長と秀吉が成し遂げた「革命」 (中公新書)
秀吉研究の最前線 (歴史新書y)
新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い


秀吉の家臣たちの構成や推移などから、秀吉や秀吉政権の事跡をたどって解説している作品。

よく知られるように秀吉は徒手空拳からのし上がった関係から元々の家来がいなかったわけだが、自身の親族も少なかったために妻となったねね(北政所)の一族である杉原家、木下家、浅野家からも人を集めていることが分かる。
この中から補佐役・ナンバーツーとしては秀吉だけでなく日本史上屈指の存在とも言える弟の羽柴秀長がいたことが奇跡的だし、浅野長政も例外的に優秀なのは幸いだったと感じる。

その末路から低い評価をされがちとはいえ一度は後継者に選ばれた秀次も一定のレベルにはあったと思うが、それ以外が人材難だったのは出自を考えると仕方ないだろう。
無能に近い評価をされた人たちにしても必ずしも政治や軍事の世界に入りたかったわけではないだろうし、出世しすぎる親族がいると周囲も色々と大変である。

そこから尾張時代に蜂須賀小六や前野長康、美濃時代に竹中半兵衛や仙石秀久(漫画『センゴク』で有名)、近江時代に石田三成や大谷吉継、中国攻めで黒田官兵衛と、主君だった信長から与寄としてつけられたり自らスカウトするなどで人材の充実を図っていく様子が書かれている。
育成した部下としては加藤清正や福島正則らが有名だが、その一世代前にも羽柴四天王(宮田光次、神子田正治、尾藤知宣、戸田勝隆)というマイナーな武将たちがいることが書かれている。
彼らは初期の秀吉を知っていて突いていけなかった部分もあるのか、4人とも不幸な死に方をしているのが哀愁を誘う。

秀吉が天下人になるに従って石田三成のような官僚タイプの家臣が幅を利かせるようになるのは必然だと思うが、人事や賞罰が秀吉の気まぐれによって決められたことも、家臣間の対立に拍車をかけたことが書かれている。
恩賞によって家来を引っ張るやり方なのも含め、秀吉はこのやり方でなければ成功しなかったのだろうし、それ故に死後の混乱が発生したのだと思う。

秀吉が活躍した時期ごとにどのような家臣が現れてどのような活躍をしたのかが分かりやすく書かれていて、思っていた以上に読み応えのある1冊だった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック