『戦国夜話』:雨読夜話

ここでは、「『戦国夜話』」 に関する記事を紹介しています。
戦国夜話 (新潮新書)
戦国夜話 (新潮新書)
本郷 和人
新潮社 2016-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国武将の明暗 (新潮新書)
真説・戦国武将の素顔 (宝島社新書)
戦国武将の選択 (産経セレクト)
格差と序列の日本史 (新潮新書)
天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)
大江戸御家相続 家を続けることはなぜ難しいか (朝日新書)
天皇はなぜ万世一系なのか (文春新書)
戦国武将の病(やまい)が歴史を動かした (PHP新書)
徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
戦国武将の実力 - 111人の通信簿 (中公新書 2343)


東大の史料編纂所教授による、関ヶ原の合戦の時期を中心に戦国武将たちに関するトリビアを語っている作品。
話が細切れになっているのは、週刊新潮に連載していたものを書籍化した事情による。

細川氏、前田氏、上杉氏を中心に、多くの戦国武将についてのあまり知られていない話や異説、著者の考えなどがざっくばらんに書かれている。

細川家では田辺城の開城交渉で細川幽斎が見せた深謀遠慮や広報の巧みさ(「古今伝授」って本当に重要だったのか?という疑問も含め)、細川忠興がガラシャ夫人の死(自分の意思で家臣に殺されたと美談にされているが、忠興が家臣に殺すよう指示していた可能性もある)や後継者の廃嫡(忠隆→忠利)に見られるかなりの気象の激しさなどが印象に残る。

前田家では利家夫人のまつが自ら徳川への人質になったというこれまた美談が語られがちだが、実はまつが豊臣派、息子の利長が徳川派だったのでは?と考察しているのが目を引く。
重臣の中でも村井、奥村らが豊臣派、横山、長らが徳川派だったなど、家中のまとまりの悪さが関ヶ原で活躍できなかった要因という話が興味深い。

上杉家では「直江状」や『天地人』で知名度が高い執政の直江山城守兼続の話が多い。
まず兼続の名が有名だが「重光」と改名していたことに驚かされ、一時期養子になった本多政重(本多正信の次男)の話や兼続のライバルとされる藤田信吉の話、そして安房の里見氏と『南総里見八犬伝』に脱線したりと、多くのネタが扱われている。

著者が勤める東大の史料編纂所に関して、史料を全てはネットで公開できない理由として、原本の保持者が公開を認めていないことがある(これはそれぞれの事情があるわけで尊重する)など、歴史学者としての立場からの意見が書かれているのも読みごたえがある。

気軽に読めるようにエッセイっぽく書かれている割に、充実した内容だったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック