『税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術』:雨読夜話

ここでは、「『税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術』」 に関する記事を紹介しています。
税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)
税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)
大村 大次郎
中央公論新社 2015-12-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)
サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)
あらゆる領収書を経費で落とす! - 「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術 (中公新書ラクレ)
税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ (双葉新書)
あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)
知らないと損する給与明細 (小学館新書)
知れば知るほど得する税金の本 (知的生きかた文庫)
金持ちのヤバい資産形成術 (中公新書ラクレ)
起業のためのお金の教科書
税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」 (角川oneテーマ21)


元税務署員による、貯蓄や節税、投資といった蓄財方法を解説している作品。
財形貯蓄、貯蓄性の保険、ふるさと納税、不動産投資など、職業柄もあって節税につながる方法が多い。

知らなくてなるほどと思ったのは財形貯蓄についてで、住宅購入の際に貯蓄額の10倍までの融資が受けられるとあり、以前知人に聞いたことがある話と一致していた。

節税をするには副業をして経費を計上することと不動産投資が効果的なことが分かるが、どちらもそれなりに準備や学習、リスクテイクが必要なわけで、誰でもできるものではないが参考にはなる。

関心のない分野を読み飛ばした分、先日読んだ著者の『お金に好かれる極意』には負けるが、まずまず興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック