『へうげもの 二服』:雨読夜話

ここでは、「『へうげもの 二服』」 に関する記事を紹介しています。
へうげもの 二服 (講談社文庫)
へうげもの 二服 (講談社文庫)
山田 芳裕
講談社 2011-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
へうげもの 三服 (講談社文庫)
へうげもの 一服 (講談社文庫)
へうげもの 四服 (講談社文庫)
へうげもの 五服 (講談社文庫)
へうげもの 六服 (講談社文庫)
へうげもの 七服 (講談社文庫)
へうげもの 八服 (講談社文庫)
へうげもの 十一服 (講談社文庫)
へうげもの 九服 (講談社文庫)
へうげもの 十服 (講談社文庫)


安土桃山時代に武将としても茶人としても活躍した、古田織部(左介)を主人公とした漫画の第2巻。
本書では本能寺の変の前後における、それぞれの武将たちの動きが描かれている。

第2巻で信長が退場するのはちょっと早いような気もするが、左介の活躍期間はその後が長いわけで、そうなるのだろうと思った。

家康が初めて登場したり、秀吉と千利休が陰謀を企てている姿、理想化肌な分だけ現実との落差に苦悩する光秀と、シンプルなタッチの描写なだけに印象に残る。

本作では同時代人から「人でなし」と呼ばれた織田長益(信長の末弟、後の有楽斎)のイタリア人みたいな雰囲気と、信長の小姓を務めた黒人のヤスケのかっこよさも目を引く。

左介の表情豊かな顔芸は本作でも存分に描かれており、喜怒哀楽が出すぎることを長益から指摘されているのが面白い。

絵のタッチと内容の厚みが絶妙な組み合わせとなっていて、続きが読みたくなるものとなっている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック