『がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密』:雨読夜話

ここでは、「『がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密』」 に関する記事を紹介しています。
がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密
がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密
がっちりマンデー!!制作委員会
KADOKAWA 2017-05-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
がっちりマンデー!!儲かる秘密
金持ちのヤバい資産形成術 (中公新書ラクレ)
そんな仕組みがあったのか! 「儲け」のネタ大全 (できる大人の大全シリーズ)
後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!
パラダイス山元の飛行機のある暮らし―――年間最多搭乗1022回「ヒコーキの中の人」が贈る空の過ごし方
儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50
あの会社はこうして潰れた (日経プレミアシリーズ)
多動力 (NewsPicks Book)
社長が3か月不在でも、仕組みで稼ぐ、年商10億円ビジネスのつくり方
パラダイス山元の飛行機の乗り方


TBSでまともに観る気になる数少ない番組の1つである、がっちりマンデー!!で放送された中から、40社を選んで書籍化している作品。
この番組でレギュラーを務める森永卓郎が各章で解説をしている。

1社目で日本の中古車をアフリカなど世界各国に輸出する会社であるビィ・フォワードが挙げられていて、この会社は高野秀行のノンフィクション『恋するソマリア』『世界の辺境とハードボイルド室町時代』を読んで知っていたので少しテンションが上がった。

また、少し前に読んだ『マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資』を出しているマンマチャオ社も、主婦をターゲットとしたコインランドリーの経営で紹介されていることも少し驚いた。

もう1社本書を読む前から知っていたのはホテルAZを運営するアメイズ社で、AZを利用したことはあったがその特長については考えたこともなかったのでなるほどと思った。

他にも芝ではなくコケで屋上緑化をする会社、ビルの屋上を借りてバーベキュー会場にする会社、営業力が弱点のIT企業に代わって営業を請け負う会社、花をよく贈る企業に胡蝶蘭を扱う子会社の設立を持ちかける会社(これは税金対策でもメリットがあるのか?)など、「そうした手があるのか!」というアイデアで儲けている会社を知ることができて興味深い。

日曜の朝に少し眠い状態で観ているとそのまま頭を通過していくことも多いが、書籍の場合だと「ライバルは出てこないのか?」、「この会社が進出していない場所でやったら儲かるのではないか?」、「契約のトラブルや防犯はどうなっているのか?」、「本当にそれだけでコストを抑えられるのか?」などと考えながら読むことができるので、書籍化の意義は十分あると思う。





がっちりマンデー!!儲かる秘密がっちりマンデー!!儲かる秘密

がっちりマンデー!!製作委員会
幻冬舎 2010-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック