『「誤解」の日本史』:雨読夜話

ここでは、「『「誤解」の日本史』」 に関する記事を紹介しています。
「誤解」の日本史 (PHP文庫)
「誤解」の日本史 (PHP文庫)
井沢 元彦
PHP研究所 2012-03-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論 (PHP文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 悪人英雄論 (PHP文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 (PHP文庫)
日本史集中講義―点と点が線になる (祥伝社黄金文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 謎の真相 (PHP文庫)
逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体 (小学館文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 書状の内幕 (PHP文庫)
逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈2〉古代怨霊編 (小学館文庫)


井沢元彦による、『逆説の日本史』シリーズに書いてきた日本史での定説における史料絶対主義や権威のある学者への追従といった弱点や、史料に出てこない常識を当てはめることでの解釈を語っている作品。

扱われているのは『日本書紀』や『源氏物語』、『魏志倭人伝』、『甲陽軍鑑』といった史料の評価への異議、徳川吉宗の過大評価と田沼意次や尾張宗春の過小評価、信長が弾圧した比叡山や本願寺といった武装した寺社の恐ろしさ、徳川綱吉の評価、鎖国や朱子学の普及による弊害などで、これまでに読んだ井沢作品のエッセンスが濃く出ている。

特に印象に残ったのは鎖国についての話で、神君と崇められる家康が貿易に熱心で三浦按針(ウィリアム・アダムズ)やヤン・ヨーステンといった外国人を顧問にしたことなどが江戸時代の間に忘れられていたという。
そして江戸時代の日本における最大の問題はちゃんと歴史を教えてこなかったことと指摘していて、現在でも戦後70年くらいのスパンでしか判断できていないと思われる言論が多いことにも通じるものがある。

細かな部分にはつっこみどころも散見されるが、歴史に対するひとつの考え方として重要なポイントを押さえていると感じるところが多く、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 井沢元彦,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック