『中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件』:雨読夜話

ここでは、「『中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件』」 に関する記事を紹介しています。
中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件(日経ビジネス人文庫)
中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件(日経ビジネス人文庫)
守屋 洋
日本経済新聞出版社 2010-05-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心 (日経ビジネス人文庫)
帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)
右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書)
兵法三十六計―世界が学んだ最高の”処世の知恵”(知的生きかた文庫)
孫子に学ぶ12章―兵法書と古典の成功法則 (角川SSC新書)
「貞観政要」のリーダー学 守成は創業より難し
男の器量男の値打ち (ロング新書)
中国古典「一日一話」 (知的生きかた文庫)


『史記』、『三国志』といった史書や演義もの、『論語』や『孫子』、『韓非子』といった思想書といった中国の古典から、リーダーが持つべき資質や心構えなどを解説している作品。

項羽と劉邦、劉備、曹操、孫権、諸葛孔明など、比較的有名な英雄たちのエピソードが多く扱われている。
その分、中国の古典に関する本を読んでいた場合、知らなかったマニアックな情報が少なくてつまらない。

著者の悪癖である、中国への礼賛が過ぎることや現在の日本への愚痴が多く出ていて、ハズレの方に転んでいた。
末尾には1986年に書いたものを加筆・修正したとあり、だから毛沢東や周恩来を褒める話が多かったのだと合点もいった。
(この時期は冷戦が継続していたこともあるので・・・)

読みやすくはあるが、あまりおすすめはできない。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 守屋洋,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック