『お金の現実』:雨読夜話

ここでは、「『お金の現実』」 に関する記事を紹介しています。
お金の現実
お金の現実岡本 吏郎
ダイヤモンド社 2005-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
会社にお金が残らない本当の理由
長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
私の財産告白 (実業之日本社文庫)
あなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメ
会社にお金が残らない本当の理由(ビジネス環境を支配する「7つのシステム」 お金を残すための「4つの数字」) (フォレスト2545新書)
図解!会社にお金が残らない本当の理由 (FOREST Illustration book)
成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)
あなたの会社にお金を残す 岡本式「戦略帳簿」のススメ (ソフトバンク文庫NF)
カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~


コンサルタントや税理士として多くの著書を出している人物による、お金の本質的な見方や多くの人々の実例から導き出したお金にまつわる法則性、自身が実施しているお金の使い方などについてあれこれと語っている作品。

南太平洋の島で使われていた大きな石の貨幣の話を例として通貨の本質として信用が元となることや、ハイパーインフレでも紙幣を使用していたことの意味、パニックが起こると言い続けるオオカミ少年評論家のうさん臭さなど、日常的に使用しているお金の意味を考えさせられる話が多い。

子どもの教育で税金が必ず発生することを教える話や、節税のテクニックは広まったら政府から対策を立てられてしまうのでやり過ぎても費用対効果が下がるという話、それでも節税はやるやらないで大きく差が出るので一通りはやっておいた方がいいなど、税理士としての立場からの話も興味深い。

財産を築くにはよく働くこと、収入の範囲内で暮らして貯蓄を割くこと、借金や買い物などでは長期的で広い視野から物事を考えて行動することなど、当たり前と言ってしまえばそれまでだがなかなかできないことが基調として書かれている。

『私の財産告白』を著した本多静六や徒手空拳から安田財閥を築き上げた安田善次郎、『日本永代蔵』で「長者丸」(勤勉や節制のこと)の服用を勧めた井原西鶴などのエピソードなども挙げていて、読ませる内容となっている。

少し手厳しいところがいい刺激を与える効果を上げていて、思っていた以上に参考になった。





カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~

岡本 吏郎
フォレスト出版 2007-11-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック