FC2ブログ

『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 エッセンシャル版』:雨読夜話

ここでは、「『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 エッセンシャル版』」 に関する記事を紹介しています。

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 エッセンシャル版
洪自誠 (著), 祐木 亜子 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-03-10)



中国の古典『菜根譚』の言葉176を、1ページごとの構成で現代語訳している作品。

俗世間にいても向上することは可能なことや、いろいろと環境のせいにしてはいけないこと、他人に厳しくしすぎないなどやりすぎはいけないことなど、さまざまな書物や著者の経験に裏打ちされたと思われる言葉が多い。

本書で最も印象に残ったフレーズは、「口は心の門、意識は心の足」というもので、感情に任せた言動は後で後悔する元となることを言っていて、気を付けたい言葉である。

また、恩恵は小出しにし、厳しいことは最初に一気にしてしまうのがいいという趣旨のことが書かれていて、これはマキャベリの『君主論』で語られていたことと通じているのも面白かった。

『菜根譚』に関連した本は10冊くらい読んでいるが、訳文が異なればまた違った印象を持っていて、味わい深い言葉なのだろう。
(単純に私が忘れっぽいだけかもしれないが)






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 菜根譚,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック