『千夜一夜物語 (まんがで読破)』:雨読夜話

ここでは、「『千夜一夜物語 (まんがで読破)』」 に関する記事を紹介しています。
千夜一夜物語 (まんがで読破)
千夜一夜物語 (まんがで読破)
バラエティアートワークス
イースト・プレス 2010-02-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リア王 (まんがで読破)
カラマーゾフの兄弟―まんがで読破
ドン・キホーテ (まんがで読破)
ヴェニスの商人 (まんがで読破)
クリスマス・キャロル (まんがで読破)
好色一代男 (まんがで読破)
神曲 (まんがで読破)
罪と罰 (まんがで読破)
失われた時を求めて (まんがで読破)
ファウスト (まんがで読破)


イスラム文学として名高い『千夜一夜物語』を漫画化した作品。

女性を信じられなくなったシャハリヤール王が毎朝女性を殺すようになったある日、シェラザードという大臣の娘が王宮へ行き、面白い話をすることで続きを聞きたい王から処刑されることを引き延ばしたというのがこの話で、本作では以下の6作が収録されている。
  • 「せむし男の物語」
  • 「美しきジャリスとアル・ディンの物語」
  • 「アジズとアジザの物語」
  • 「空飛ぶ黒檀の木馬の物語」
  • 「床屋と紺屋の物語」
  • 「靴直しのマアルフと女房ファティマーの物語」
カリフ(教王)やスルタン(世俗の王)などイスラム社会の予備知識があったほうがいい部分もあるが、基本的には分かりやすくて楽しめる話となっている。

ややコメディタッチのもの、愚行を乗り越えてハッピーエンドとなるものとバッドエンドとなるもの、微妙な人間関係にまつわる感情が物語に影響を与えるものと多彩で、他にも面白い話がいくつもあるのだろうと期待させてくれる。

扱われている話も文章だともっとこまかな描写が書かれていると思うので、入り口として読むにはなかなか良かったのではないかと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック