『爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学』:雨読夜話

ここでは、「『爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学』」 に関する記事を紹介しています。
爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
太田 光 田中 裕二 福岡 伸一
講談社 2008-01-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見 (文春文庫)
できそこないの男たち (光文社新書)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
せいめいのはなし (新潮文庫)
ルリボシカミキリの青―福岡ハカセができるまで (文春文庫)
福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)
センス・オブ・ワンダーを探して ~生命のささやきに耳を澄ます~
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)


NHKで放送されていた爆笑問題の教養バラエティ番組を新書化したシリーズの1作で、青山学院大学の相模原キャンパスに分子生物学が専門でベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』の著者でもある福岡伸一教授を訪ねた回を扱っている。

生物と無生物の違いや遺伝子といった話からシェーンハイマーが行った実験の話になり、一気に本題に入った感じとなる。
この実験はマウスのえさを分子レベルでトレースできるようにしておいて食べたものがどのように移動するのか?というものだったが、えさの分子はマウスの体中に速いスピードで広がっていくという結果となった。
これは食べ物の分子がマウスの身体を構成する分子と入れ替わったわけで、シェーンハイマーはこれを「動的平衡」と名づけている。

この話から生物は分子レベルでは常にダイナミックに入れ替えをやっているわけで、ある瞬間の自分は他のいつの自分とも異なるという形で話が進む。
太田と田中の間でも大学で知り合った頃の2人は既に死んでしまっていると表現したり、「千の風になって」の歌が分子生物学と相性がいいといった話題になったりもしていて考えさせられる。

そして太田がしばしば学者たちにぶつける哲学的な問いかけを福岡氏にもしている。
福岡氏は科学者としては文章や文体にこだわりのある人のようで、真摯に応え、科学とは一つの文体と表現しているなど興味深い話をしている。

分子が動き回っているという現象は少し常識を揺らがせる感じがあり、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 爆笑問題,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック