『チーズはどこへ消えた?』:雨読夜話

ここでは、「『チーズはどこへ消えた?』」 に関する記事を紹介しています。
チーズはどこへ消えた?
チーズはどこへ消えた?
スペンサー ジョンソン (著),‎ 門田 美鈴 (翻訳)
扶桑社 2000-11-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
頂きはどこにある?
仕事は楽しいかね?
バターはどこへ溶けた?
カモメになったペンギン
仕事は楽しいかね? 2
夢をかなえるゾウ
金持ち父さん貧乏父さん
仕事は楽しいかね?《最終講義》
チーズは探すな!
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


2000年代前半にベストセラーとなった、ビジネスに生かすことを意図されて書かれたと思われる寓話。
母が購入したか弟が購入したか忘れたが実家にあったので読んだ記憶がある。

ネズミが元々得られていたチーズを得るか、新たにチーズを探すか、といった選択から、既存の利益を守るか、新たにリスクを冒してもさらなる利益を求めていくか、という話に展開していた。

話の展開としては理解しやすいが、それほど印象に残らなかった。
今から考えても、なぜこの作品があれほど売れていたのかがよく分からないという感想を持っている。



頂きはどこにある?頂きはどこにある?

スペンサー ジョンソン (著),‎ 門田 美鈴 (翻訳)
扶桑社 2009-09-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スペンサー・ジョンソン 『チーズはどこへ消えた?』(扶桑社)、再読。 たぶん再読なのですが、ちっとも内容を覚えていませんでした(苦笑)。 2010年度も始まったことですし、 しっかり1年間仕事をしましょうね~ということで、 改めて、新鮮な気持ちで読んでみました。 寓話的な内容に、 読む人それぞれが自分の立場を投影しながら読める作品です。 そして、寓話よりも、教訓がも...
2017/11/12(日) | 観・読・聴・験 備忘録