『殿といっしょ 2』:雨読夜話

ここでは、「『殿といっしょ 2』」 に関する記事を紹介しています。
殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
大羽 快
メディアファクトリー 2008-06-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
殿といっしょ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 3 (MFコミックス)
殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 第5巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 8 (フラッパーコミックス)
殿といっしょ (10) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)


戦国武将を題材とした4コマ漫画の第2巻。

第1巻に登場していたキャラクターに加え、切腹や謀略のネタを使う平手政秀、もっともらしいことを言ってすぐに眠ろうとする朝倉義景、かぶき者を気取るがいい人であることを隠せない前田慶次など、新たな戦国武将が登場する。

ネタによって好き嫌いが出てきて、好きなのは信長と関係者のネタ、お笑い好きの秀吉、爽やかな雰囲気でダメ出しをしまくる直江兼続、萌えキャラの長宗我部元親などで、あまり好きでないのは伊達政宗の眼帯ネタ、若き日の武田晴信(信玄)と山本勘助のやり取り、真田信之が昌幸や幸村に振り回される回といったところである。
後者がいまいちと感じるのは、似たネタを繰り返してくどくなったためかと思う。

島津義弘がキャラの薄さに悩んだり、今川義元が息子の氏真からモテないといじられて否定に躍起となるなど、既存のキャラクターにも新たな性格を持たせているところには工夫が感じられていい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック