FC2ブログ

『ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)』」 に関する記事を紹介しています。
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社 2002-09-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈9〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈10〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈12〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)


塩野七生による『ローマ人の物語』シリーズで、ハンニバルやスキピオ・アフリカヌスが活躍したポエニ戦争の時期と、ユリウス・カエサルが活躍した時期の間の時代を扱ったところの上巻。

3回にわたるポエニ戦争でライバルのカルタゴを滅ぼしたローマは地中海沿岸一帯を支配下に置いたが、急激な領土の拡大や格差の拡大とそれが要因にもなった兵の弱体化、ローマ本国と同盟を結んでいる都市国家との不平等など、従来の政治システムや法律が時代に合わないところが多く出てくる。

これに対してティベリウスとガイウスのグラックス兄弟が護民官となって改革を試みたが、既得権益を守りたい元老院などの抵抗に遭い、争いの中で相次いで命を落としたことで改革は頓挫してしまう。

軍の弱体化という問題に対してはマリウスという指導者による軍制改革で徴兵制から志願制に変更を実施し、職業軍人を生み出すことでひとつの解決を見るが、これはこれで別の問題がその後発生していく。

その後もアフリカの同盟国で反乱が起こったり、ローマと連合を組む都市国家がによる反乱である「同盟者戦役」などの内乱が続いたり、将軍としては申し分ないマリウスも政治力のなさという弱点が露呈するなど、激動の時代であったことが分かる。

読む前は少し地味な時代と思って手に取るまで時間がかかったが、読み出すと思った以上に現代にも通じるような問題がいくつも出てきて早く読み進んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック