FC2ブログ

『先生も知らない経済の世界史』:雨読夜話

ここでは、「『先生も知らない経済の世界史』」 に関する記事を紹介しています。
先生も知らない経済の世界史 (日経プレミアシリーズ)
先生も知らない経済の世界史 (日経プレミアシリーズ)
玉木 俊明
日本経済新聞出版社 2017-09-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「世界史」で読み解けば日本史がわかる
先生も知らない世界史 (日経プレミアシリーズ)
都道府県格差 (日経プレミアシリーズ)
人類5000年史I: 紀元前の世界 (ちくま新書)
大人のための社会科 -- 未来を語るために
世界〈経済〉全史 「51の転換点」で現在と未来が読み解ける
物語 オランダの歴史 - 大航海時代から「寛容」国家の現代まで (中公新書)
珈琲の世界史 (講談社現代新書)
異説で読み解く明治維新 「あの謎」がすっきり解ける10の物語
地政学で読み解く! 海がつくった世界史 (じっぴコンパクト新書)


歴史学者による、経済史で古くなった概念に対する反論や最新の研究成果から見られる世界史の流れなどを紹介している作品。
著者の『先生も知らない世界史』がなかなか良かったので続けて読んだ。

序盤では大塚久雄による経済史の捉え方は戦中という時代に影響され、川北稔の場合は高度成長期という時代に書かれたなど、学説が書かれた時代背景にいかに影響されるかという話がなされているのが興味深い。
この流れからすると、現在のような低成長時代をモデルとした経済史学者が出てくるのでは?と期待していることも書かれている。

西欧中心の歴史観では停滞した後進地域と捉えられがちだったアジアについては、中国大陸を中心とした経済圏がゆるやかに形成されている話や、ヨーロッパでユダヤ商人が活躍したようにアジアでもアルメニアの商人が重要な役割を果たしていたこと、中国の歴代王朝が採っていた朝貢貿易が物流を相手に支配されるという面で失敗だったなど、知らなかったり考えたことのない話が多く出てくるのが面白い。

財産を没収されない国が栄えるという話、共産主義が74年しか有効でなかった理由として需給で情報のやり取りが不足していたこと、プロイセンがイギリスに勝てなかった一因は国債を発行して戦費を調達する能力が足りなかったこととしているなど、少し前に読んだウィリアム・バーンスタインの『豊かさの誕生』に書かれていたことを思い出したりもした。

以前よく本を読んでいたアジアの開発独裁については、ガーシェンクロンという学者の後進国モデルがしばしば使用されてきたそうだが、これはアジアではなくロシアを念頭に置いて書かれたものだったという話も意外性があっていい。

そもそも経済史や学説に関する知識が不足しているのでついていきづらいところもあったが、このあたりは本書でさまざまに紹介したので、それぞれ各論を読んで学んでください、ということなのだろう。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック