FC2ブログ

『ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美』:雨読夜話

ここでは、「『ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美』」 に関する記事を紹介しています。
ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美
ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美
NHK「ブラタモリ」制作班
KADOKAWA 2017-12-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ブラタモリ 11 初詣スペシャル成田山 目黒 浦安 水戸 香川(さぬきうどん・こんぴらさん)
ブラタモリ 10 富士の樹海 富士山麓 大阪 大坂城 知床
ブラタモリ 9 平泉 新潟 佐渡 広島 宮島
ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山
ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)
ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本
ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原
ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)
ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡
日本人のおなまえっ! 1


NHKで放送されている教養バラエティ番組「ブラタモリ」を書籍化した作品の第12巻。
2回以上にわたって放送した回が多かったのか、他の巻よりも少し少ない別府、神戸、奄美の3箇所が扱われている。

別府では8種類の温泉があって江戸時代は村別に分かれていたことや、多様で豊かな温泉が出る背景には2つの断層に挟まれていて各地域に多い鉱物の違いが成分の違いにつながっていることなどが書かれている。
明治時代に金山が見つかったが湯気で採掘できなくなって遊園地に改装された話や、港湾の整備が発展につながった話が興味深い。

神戸では古代から良港として知られていて、その背景として風を防ぐ六甲山地、波から守る和田岬、大河がなくて水深が深いこと、「赤道まで腐らない」水に恵まれたことなど、いくつもの要因が重なっていることに軽く驚かされる。
そして外国人の雑居地になっていた神戸とそれまでの港町だった兵庫が天井川の湊川で区切られていたことが開港後のトラブルを減らしたことや、その後湊川などの天井川を付け替えての土地造成の話も面白い。

奄美ではソテツ、土地の鉄分を活かした大島紬、黒糖、棚田、ハブが人間から自然を守った役割、マングローブ、マグロの養殖などが扱われている。
知床や富士山などでも感じたが、自然の要素が強いところはブラタモリの魅力がやや出にくいような気もする。

今年の4月からはこのシリーズに出てきた近江友里恵アナウンサーが朝の情報番組「あさイチ」のMCになるそうで、ブラタモリからは卒業になるのかと思っている。
また別のアナウンサーが担当されるのかもしれないが、番組は継続してほしい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ブラタモリ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック