fc2ブログ

『シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 世界は四大文明でできている』:雨読夜話

ここでは、「『シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 世界は四大文明でできている』」 に関する記事を紹介しています。

シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 世界は四大文明でできている (NHK出版新書 530)
シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 世界は四大文明でできている (NHK出版新書 530)
橋爪 大三郎
NHK出版 2017-10-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ 宗教国家アメリカのふしぎな論理 (NHK出版新書 535)
「五箇条の誓文」で解く日本史―シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ (NHK出版新書)
人類5000年史I: 紀元前の世界 (ちくま新書)
フリーメイソン 秘密結社の社会学 (小学館新書)
教養としてのテクノロジー―AI、仮想通貨、ブロックチェーン (NHK出版新書 545)
正しい本の読み方 (講談社現代新書)
物流は世界史をどう変えたのか (PHP新書)
世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」
世界の未来 ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本 (朝日新書)
読む力 - 現代の羅針盤となる150冊(仮) (中公新書ラクレ)


社会学者の橋爪氏が、大企業の幹部を対象とした講義で語った内容を本にまとめた作品。

四大文明とは古代文明(メソポタミア、エジプト、インダス、黄河)のことではなく、現代におけるキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、儒教に大別した4種類の文明を指していて、日本人が違った文明に属する人と付き合うに当たって知っておくべきことを解説している。

また、共産主義では宗教を否定しているが、ソビエトでは神をマルクスやレーニン、聖書を『資本論』などに置き換えただけで行動様式はキリスト教(東方正教会)と同じであること、中国の共産党政権でも官僚システムなどが儒教によるものだとしていて、政治だけでなく行動様式においても宗教の影響が大きいことを指摘している。

まずはユダヤ教、キリスト教、イスラム教が属する一神教の話をしている。
唯一絶対の神、人間という存在の軽さや罪深さ、最後の審判といった、日本人には理解が難しい話をできるだけ噛み砕いて解説している。

次がヒンドゥー教の話で、カースト制度と輪廻思想のセット(いいことをすれば来世でいいカーストに入れるかもしれない)が長く続いてきた背景を説明している。
古代において下の身分にされた人々からすれば奴隷制度と比較するとカースト制度は「かなりまし」ということになる。

そして儒教の話がなされている。
儒教で政権交代には禅譲、世襲、放伐(易姓革命)の3パターンがあり、世襲で暗君が出現するデメリットを補うのが科挙による官僚システムという説明はかなり分かりやすい。
また、忠・孝という徳目で特に孝を重視するのは、庶民に家系への貢献をした達成感を与えることでつらい現実をなぐさめる役割があると語っているのも興味深い。

最後が日本の話で、日本は文明でないとか「空気」ばかり気にしてふらふらしているみたいなことがあれこれ書かれているが、あまり目新しい話はない。

一見非合理に見える信仰や行動様式も、考案された当初は救いになる部分やメリットが多かったことなどが分かり、自分の物差しで違う考え方の人々を判断することの難しさを教えてくれる1冊となった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック