FC2ブログ

『黒涙』:雨読夜話

ここでは、「『黒涙』」 に関する記事を紹介しています。
黒涙
黒涙月村了衛
朝日新聞出版 2016-10-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
黒警 (朝日文庫)
機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)
ガンルージュ
水戸黄門 天下の副編集長 (文芸書)
影の中の影
追想の探偵
槐(エンジュ)
夜明けまで眠らない
神子上典膳 (講談社文庫)
機忍兵零牙 (ハヤカワ文庫JA)


中国の黒社会とつながる「黒色分子」として活動する組対部の警官である沢渡が主人公を務める警察小説『黒警』の続編。

本作では日本政府から中国への機密漏えいを受け、公安を中心とした対策チームが組織されて沢渡も配属を命じられるところから話が始まる。

敵は中国共産党政府とつながるチャイニーズマフィアや日本で活動する華人のネットワーク、そして日本の警察や政財界にいる協力者たちだが、用心深いために捜査に行きづまった沢渡が兄弟分であるマフィア「義水盟」の幹部である沈に相談したところ、インドネシアの若い実業家として活躍するラウタンを紹介して話が進む。

日本の社交界で華々しくデビューしたラウタンの前には峰不二子みたいな中国系の美女のシンシアが現われ、物語に大きく関わっていくこととなる。

著者の『機龍警察』にも見られるようなリアルさや重さ、そしてある種のベタさも話に華を加えていて、一気に読み進んでいった。
読んでいて気分のいい作品というわけでもないが、次が出たら読もうかと思ってしまう魅力がある。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 月村了衛,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック