FC2ブログ

『図解 言志四録─学べば吉』:雨読夜話

ここでは、「『図解 言志四録─学べば吉』」 に関する記事を紹介しています。
図解 言志四録─学べば吉 (図解シリーズ第5弾)
図解 言志四録─学べば吉 (図解シリーズ第5弾)
齋藤 孝
ウェッジ 2017-10-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
図解 論語―正直者がバカをみない生き方
図解 菜根譚
図解 葉隠―勤め人としての心意気
図解 養生訓
勉強 (南々社新書)
幕末の大儒学者「佐藤一斎」の教えを現代に 心を治むる指南書「言志四録」を読む
最強の人生指南書(祥伝社新書205)
[現代語抄訳]言志四録
まねる力 模倣こそが創造である (朝日新書)
二十四節気に合わせ心と体を美しく整える---医者にも薬にも頼らない和の暮らし


TBSの報道バラエティ番組「ニュースキャスター」でレギュラー出演していることでも知られる学者・齋藤孝による、佐藤一斎の『言志四録』の言葉を分かりやすく図解・解説している作品。

著者は『最強の人生指南書-佐藤一斎「言志四録」を読む』も著しているので、さらに分かりやすい形で書かれた作品ということになるだろうか。

『言志四録』の言葉は心に響くものが多く、本書でもそれは感じることができる。
特に、

「心下痞塞すれば、百慮皆錯あやまる」
(しんかひそくすれば、ひゃくりょみなあやまる)
現代語訳:心の奥底が塞がっていると(何もよい考えが出てこなくて)、考えも計画もみな誤ったものになってしまう

という言葉が強く印象に残った。
仕事などでさまざまな課題に対応する上で有用な言葉と思ったので、職場で輪番で実施している朝会での資料朗読(何かしら役立つ話を選んで発表する場)でこの言葉を発表したくらいである。

他にも体と心の関係を表した言葉、経験の重要性を語った言葉、自己肯定を得るための言葉などがいくつも収められていて、味わい深い。
繰り返し読むのに適した言葉が多く、いい作品だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 齋藤孝, 佐藤一斎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック