fc2ブログ

『港の日本史』:雨読夜話

ここでは、「『港の日本史』」 に関する記事を紹介しています。
港の日本史(祥伝社新書)
港の日本史(祥伝社新書)
吉田 秀樹 歴史とみなと研究会
祥伝社 2018-03-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
そしてドイツは理想を見失った (角川新書)
物流は世界史をどう変えたのか (PHP新書)
禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック (祥伝社新書)
残念すぎる 朝鮮1300年史(祥伝社新書)
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する
アベノミクスが変えた日本経済 (ちくま新書)
日本史のツボ (文春新書)
福岡市が地方最強の都市になった理由
世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史


運輸官僚として港湾行政に携わってきた人物と「歴史とみなと研究会」による、港が日本史において果たしてきた役割を解説している作品。

前半では琵琶湖水運の港である大津、鎌倉時代の和賀江島と六浦、琉球交易の拠点だった坊津、伊勢神宮への参拝もあって発展した安濃津など、現在では港としての印象があまりない地域の話が多くて興味深い。

トラックなどを用いた陸上運送が発展する前は河川での舟運も盛んだったわけで、河川の港の話も面白い。

後半では江戸時代の東廻り航路や西廻り航路といった物流の話、幕末になされた開港から始まった近代の港湾、戦後の引揚港や現在も使用されている軍港など、近世以降の話が多く書かれている。

江戸時代に例えば山形の酒田からの航路は東廻りが近いが西廻りが使用されたのは津軽海峡や太平洋岸の犬吠埼などの難所が多かったためと書かれていてなるほどと思った。
また、瀬戸内海の航路も島伝いに進む地乗りだったのが、島の間をまっすぐに進む沖乗りに変わった話も知らなかった。

港が歴史上は足してきた役割や、政治の変化や技術の発達で衰退する港と新たに栄える港が出てくることなどを知ることができ、なかなか興味深かったと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック