fc2ブログ

『ミャンマーの柳生一族』:雨読夜話

ここでは、「『ミャンマーの柳生一族』」 に関する記事を紹介しています。
ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社 2006-03-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
怪しいシンドバッド (集英社文庫)
異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)
アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

世界のヤバいところに何度も行っているライターによる、ミャンマーへの旅行記。

今回は大学の先輩で作家の船戸与一の付き人として通常の旅行を行っている。
ただし、ミャンマーはよく報道されるように軍事独裁政権であり、旅行にも軍情報部の監視役がついている。

これを著者は政府を徳川幕府に、軍情報部を柳生一族に、さらには独立紛争を起こす州を外様大名に例えて話を進めているのだが、これが実に良くハマっていて面白い。どちらも同じようなものだが、軍事独裁政権と幕府という対比がいい。

お目付け役で柳生十兵衛にあたるガイドも、とぼけたキャラクターがいい味を出していて楽しい。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 高野秀行,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック