FC2ブログ

『知れば知るほど面白い!「その後」の関ヶ原』:雨読夜話

ここでは、「『知れば知るほど面白い!「その後」の関ヶ原』」 に関する記事を紹介しています。
知れば知るほど面白い!「その後」の関ヶ原 (じっぴコンパクト新書)
知れば知るほど面白い!「その後」の関ヶ原 (じっぴコンパクト新書)
二木 謙一
実業之日本社 2015-07-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「その後」のお殿様 知れば知るほど面白い! 江戸300藩の歴史 (じっぴコンパクト新書)
「その後」が凄かった! 関ヶ原敗将復活への道 (SB新書)
「関ヶ原合戦」の不都合な真実 (PHP文庫)
戦国武将の選択 (産経セレクト)
新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
負け組の日本史 蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ケ原西軍……その後どうなった? (じっぴコンパクト新書)
戦国武将の明暗 (新潮新書)
ほんとはものすごい幕末幕府 消し去られた江戸幕末史と明治維新 (じっぴコンパクト新書)
大江戸御家相続 家を続けることはなぜ難しいか (朝日新書)
改訂新版 敗者から見た関ヶ原合戦 (歴史新書y)


地方での合戦を含め、関ヶ原の合戦に参加したりしなかったりした大名たちと、その子孫のその後を紹介しているデータブック。

西軍の主力だった石田三成や宇喜多秀家、大阪の陣で活躍した真田幸村などの子孫が江戸時代を生き抜いてきたことや、合戦に関連した駆け引きや家中のやりとりで運命が大きく変わってきたことが分かりやすい。

東軍として大幅な加増を得た加藤清正、福島正則、小早川秀秋、加藤嘉明といった豊臣系の大名が当代あるいは次の代で改易(取り潰し)になったことも、政治的な意図を考えればまあ理解できる。

そして、改易になった後に大名として返り咲いたのは立花宗茂と丹羽長重の2人で、宗茂に比べて扱われることが少ない長重のことを知ることができたのが良かった。
2人とも二代将軍の秀忠に気に入られたことも大きかったかと思う。

他にも譜代大名の家などで後継者不足で絶えそうになったのを何とか養子を迎えて続けてきた経緯や、宗氏や五島氏のような地方勢力の動向などが扱われているのもいい。

ところどころ記述ミスが見られるのは残念だが、そこそこ興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック