『巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則』:雨読夜話

ここでは、「『巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則』」 に関する記事を紹介しています。
巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫 お 67-2)
巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫 お 67-2)
大城 太
三笠書房 2018-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある (知的生きかた文庫)
華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術
頑張らないで幸せになれる 最強のうちなーシンキング
あなたの人生をひっくり返す 華僑の非常識な成功法則
華僑だけが知っている お金と運に好かれる人、 一生好かれない人
一生お金に困らない「華僑」の思考法則
華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え
華僑の起業ノート
世界最強! 華僑のお金術 お金を増やす「使い方」の極意
「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明


華僑の大物から中国古典に由来する人生やビジネスの要諦を学んだ人物による、『華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある』の続編に当たる作品で、成功するために周囲の人を動かす方法を解説している作品。

単に成功を収めて目立つと嫉妬を受けたり謀略を仕掛けられるため、陰陽の考え方から事前工作を密かに実施して表でさっと実行、成功したら目立つ前に身を潜めるという方法論が書かれている。
これは以前読んだ『鬼谷子-100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』ともかなり通じる内容となっている。

賢い人、成功している人と見られることはある種のリスクを抱えることになるという理屈は、まあ理解しやすい。
目立たないようにするには、自慢したい気持ちを抑えて理性的に考えることができるかどうかがポイントのようである。

そして後半では、上司、同僚、部下とそれぞれのカテゴリーで扱いにくい人の利用法をタイプ別に解説している。
その人が名誉と富のどちらを求めているか、何を恐れているかを把握した上で、こちらの意図を悟られないようにしながら人を動かす方法を語っている。

嫌いなタイプの人を動かすことも多いわけで、このあたりもいかに感情をコントロールして実行するかが試されるのだろう。
成功するには必要なのだろうが、ちょっと実行が難しい。

やりすぎにならないようにうまく実施するヒントが多く書かれていて、かなり参考になる内容だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック