FC2ブログ

『最高の戦略教科書 孫子』:雨読夜話

ここでは、「『最高の戦略教科書 孫子』」 に関する記事を紹介しています。
最高の戦略教科書 孫子
最高の戦略教科書 孫子
守屋 淳 .
日本経済新聞出版社 2014-01-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
組織サバイバルの教科書 韓非子
ビジネス教養としての『論語』入門
図解 最高の戦略教科書 孫子
孫子・戦略・クラウゼヴィッツ ―その活用の方程式 (日経ビジネス人文庫)
世界最高の人生哲学 老子
実践版 孫子の兵法 ― 勝者を支える最高峰の戦略書
新訂 孫子 (岩波文庫)
孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
孫子・戦略・クラウゼヴィッツ―その活用の方程式
実践版 孫子の兵法: 人生の岐路で役に立つ「最強の戦略書」 (小学館文庫プレジデントセレクト)


『孫子』の言葉を現代的に解釈し、疑問のある記述についても書かれた背景や他の兵書などとの比較からどのように応用していくかなどを語っている作品。

「古典は抽象化して考える」という話がまず印象に残るところで、エッセンスを取り出すことで現代でのさまざまな場面で応用することが可能だと言う話は納得しやすい。

そして抽象化された話は武道家や企業経営者、スポーツ選手などの事例を挙げて再度具体化され、かなり分かりやすくなっている。

また、いまひとつ具体的に書かれていない部分は、著者の孫武が現代で言えば雇われ経営者やコンサルタントのようなポジションのため、売り込みのために文書に残さずにいたのではないか?と書かれていてなるほどと思う。

兵書としてはクラウゼヴィッツの『戦争論』も有名だが、『孫子』と真っ向から対立する話も書かれていて、これは敵が単独なのか複数なのか、そして再戦を想定しているか一度で敵を破ることを想定しているかで異なってくると解説してあることも納得しやすい。

後半では『孫子』の記述に対して「そもそも現代で戦うことはないのでは?」とか「ジリ貧状態で不敗をしても意味がないのでは?」、「弱者はどのように振る舞えばいいのか?」など、多くの人が抱いたであろうツッコミに対しての著者ならではの解答を模索しているところも興味深い。

長めの作品ではあるが丁寧に分かりやすく書かれていて、ためになる1冊だった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 孫子, 守屋淳,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック