fc2ブログ

『陰謀の日本中世史』:雨読夜話

ここでは、「『陰謀の日本中世史』」 に関する記事を紹介しています。
陰謀の日本中世史 (角川新書)
陰謀の日本中世史 (角川新書)
呉座 勇一
KADOKAWA 2018-03-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)
一揆の原理 (ちくま学芸文庫 コ 44-1)
観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)
タンゴと日本人 (集英社新書)
武士の日本史 (岩波新書)
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
日本史のツボ (文春新書)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
南朝研究の最前線 (歴史新書y)


著書『応仁の乱』がベストセラーになって脚光を浴びた歴史学者による、日本史における陰謀論におけるあやしさや陰謀論が生み出される事情などを語っている作品。

平安時代末期の皇室・貴族・武士が絡んだ戦乱、源平合戦、鎌倉時代の源氏や有力御家人間の殺し合い、建武の新政から観応の擾乱、応仁の乱、本能寺の変、関ヶ原の合戦などが扱われている。

黒幕とされてきたのは後白河法皇、平清盛、源頼朝、北条一族、足利尊氏、日野富子、豊臣秀吉、徳川家康などだが、必ずしも彼らがシナリオ通りに事件をリードしたとは思えない史料を紹介し、陰謀論の危険性を指摘している。

登場する歴史上の人物にはそれぞれの思惑があって動くことでいくつも誤算が生まれるわけで、当初は別の落としどころを探っていたケースが多いことに驚かされる。

後世の権力者の都合や、勝者が陰謀を仕組んだとするのが分かりやすいこと、通説と異なる話を知っているという優越感にひたれるなどの理由で陰謀論が語られていて、納得しやすい。

そして歴史学者が陰謀論にあまりコメントをしないのは、荒唐無稽すぎて論破するのも時間の無駄と考えているためという。
そしてそれだと陰謀論が無秩序に広まることに問題意識を持ち、本書を執筆したことを書いている。

陰謀論は面白いのだが、危険な部分も多いので改めて気をつけなければならないと思った。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック