FC2ブログ

『本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿』:雨読夜話

ここでは、「『本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿』」 に関する記事を紹介しています。
本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿 (SB新書)
本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿 (SB新書)
八幡 和郎
SBクリエイティブ 2013-08-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書)
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (SB新書)
世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代 (SB新書)
本当は分裂は避けられない!? 中国の歴史 (SB新書)
本当は謎がない「古代史」 (SB新書)
「領土」の世界史 (祥伝社新書)
日本人の知らない日米関係の正体 本当は七勝三敗の日米交渉史 (SB新書)
誤解だらけの平和国家・日本 (イースト新書)
こんなに弱い中国人民解放軍 (講談社+α新書)


世界史上の人物を68人ピックアップし、十段階評価で偉人度と重要度(歴史に与えた影響度)を評価した上で解説している作品。
日本からは明治天皇と池田勇人の2人が選ばれている。

知っている人物もあまり知らない人物も入っていて、人物評にしても著者の意見や好き嫌いが色濃く出ていて通説とは異なっているが、それくらい思い切った評価でなければ特徴が出ないのでいいと思う。
ただ、なぜそのような評価になったのか?という部分の説明が消化不良に感じるのは、1人当たりのページ数に限界があるためだろう。

偉人度では最高の10にリンカーン、ルイ9世、リシュリュー、ドロール(欧州委員長)、ビスマルク、康熙帝の6人を挙げていて、最低の1がヒトラーになっている。
いい人だけど無能っぽいルイ16世がヒトラーより少し高い3になっているところを見ると、能力だけでなく人格も合わせての評価ということになるのだろうか。

初めて知った人物、名前だけは知っているがどんな人物かは知らなかったケースなどもあり、そこそこ興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 八幡和郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック