fc2ブログ

『もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む』:雨読夜話

ここでは、「『もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む』」 に関する記事を紹介しています。
もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
水野 大樹
徳間書店 2018-03-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
関東戦国全史~関東から始まった戦国150年戦争 (歴史新書y)
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
図説 室町幕府
征夷大将軍研究の最前線 (歴史新書y)
享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」 (講談社選書メチエ)
中世島津氏研究の最前線 (歴史新書y)
今川氏滅亡 (角川選書)
室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)
図説 戦国北条氏と合戦
戦国北条家一族事典


応仁の乱は京都を中心とした畿内を中心に展開されたが、それより以前に関東で続いていた享徳の乱と長享の乱、そしてその前後の政情を解説している作品。

室町幕府は将軍・足利氏の一族を鎌倉公方、上杉氏を関東管領として関東を管轄するシステムとしていたが、代を経るうちに鎌倉公方が自立の志向を持つようになり幕府と対立することが増えていく。

その結果本書でメインに扱われる乱の前にも上杉禅秀の乱、永享の乱、結城合戦と鎌倉公方や関東管領による戦乱が発生している。

そこから鎌倉公方・足利成氏が関東管領・上杉憲忠を殺害したことから享徳の乱が発生する。
これは鎌倉公方VS幕府の支持を得た上杉氏という構図で、関東や周辺の国人がそれぞれの陣営について戦っている。
具体的には結城、宇都宮、小山、千葉、三浦、佐竹といった諸氏で、寝返りや一族間の内紛も多く発生している。

さらに幕府の指示を受けて駿河守護の今川氏や信濃守護の小笠原氏も介入したり、戦いが続く中で山内上杉氏から冷遇されたことに不満を持った重臣の長尾景春も反乱を起こすなど、どんどん情勢が複雑になっていく。

この戦乱は江戸城を築城した扇谷上杉氏の家宰である太田道灌の活躍もあって終息するが、今度は主君の扇谷上杉定正が大田道灌を暗殺することでパワーバランスが崩れ、次の長享の乱が発生することになる。
こちらの構図は上杉氏の本家に当たる山内上杉氏・越後上杉氏VS新興の扇谷上杉氏という一族内の内紛がメインで、これに(鎌倉に戻れなくなった)古河公方、幕府から伊豆に派遣された堀越公方、しぶとく生き延びた長尾景春、今川氏の内紛を解決した伊勢宗瑞(北条早雲)なども絡んでくる。

共通するのは上杉憲実、長尾景信、太田道灌、足利成氏といった実力者が引退したり亡くなったりすることで、パワーバランスが崩れて戦乱が再開したり、例えば足利成氏と山名宗全が結びつくなど、応仁の乱や明応の政変(細川政元や日野富子が将軍・足利義材を追放したクーデター)といった畿内の情勢が密接にリンクしていることである。

応仁の乱もかなり複雑で奥が深い戦乱だが、本書で扱われている関東での戦乱もそれに劣らず時期も長ければ登場人物も多い。
違っているのは応仁の乱に比べて謀略や外交を行う度合いが小さく、直接的に武力衝突になるまでが早いことかと思う。

関東を中心に北条・今川・武田・上杉といった戦国大名が登場する前のことを知ってより幅広い理解ができたような気がしていて、大いに知的な刺激を受けることができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック