fc2ブログ

『安部龍太郎「英雄」を歩く』:雨読夜話

ここでは、「『安部龍太郎「英雄」を歩く』」 に関する記事を紹介しています。
安部龍太郎“英雄
Posted with Amakuri
安部 龍太郎
日本実業出版社 2013/7/19


作家の安部龍太郎が取材で日本各地の城や寺社、山、港などを訪れ、歴史小説で使われたエピソードや、文献や伝承から考察したことなどを語っている歴史紀行。

兵力で圧倒していた三好長慶が足利義輝と和睦した背景には義輝を毛利元就が支援したためという話や、蒲生氏郷がイタリア人を家臣にしてローマ法王のところへ派遣した記録、氏郷が伊達政宗によるさまざまな策謀をはねのけていたが政宗が盛った毒によって死んだとされる説など、興味深いエピソードがいくつも扱われている。

信長が支配していた津島での伊勢湾交易、武田信玄が狙っていた越後の日本海交易、王直が宇久盛定や松浦興信らと組んで東シナ海に海上王国を築いた話など、思われている以上にこの時代は交易が盛んだったことを再認識させられる。

それぞれの章が短くまとめられていて、テンポ良く読むことができる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 安部龍太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック