fc2ブログ

『経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する』:雨読夜話

ここでは、「『経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する』」 に関する記事を紹介しています。



室町時代から信長の出現に至る時代を、経済や金融の観点から解説している作品。
タイトルに信長とついているのに、4部構成のうちの第4部で初めて信長が登場するというのがなかなかすごい。

それでは何が書かれているかというと、信長が戦った既得権益層としての寺社勢力の経済力や軍事力と、それらと持ちつ持たれつの関係を持ってきた室町幕府、そして信長の先駆者に当たる足利義教や細川政元、三好長慶らの事跡などが書かれている。

この時代の背景にあるのは、日本で貨幣を発行しておらず明から銅銭を輸入して流通していたことであり、銅銭の輸入が減ったり途絶えたりするとすぐにデフレになるという問題である。
これと天候の問題により、冷静な判断が下せない人が増えて殺伐とした時代になったと語っている。

その中で力を得たのが
  • 大和の大名として振舞った興福寺(法相宗)
  • 多くの荘園や琵琶湖の物流を握って軍事力もあった「恐怖の山」こと比叡山延暦寺(天台宗)
  • 室町幕府と癒着して貿易利権や税の徴収などでのし上がってきた京都五山(臨済宗)
  • 商工業者としての町衆を支持者に多くの動員力を誇る法華一揆(日蓮宗)
  • 大衆の支持を集めて寺内町システムを構築した本願寺(浄土真宗)
といった大寺院であり、軍閥、商社、銀行、商工ファンド、地主と多くの機能を持つ強大な存在で、朝廷や幕府、大名たちが大変な目にあったことがよく分かる。

こうした大寺院は宗教の権威を背景にかなり暴力的なことをやらかしていて、例えば天文法華の乱で比叡山が法華を攻撃したことによる京都での被害は応仁の乱よりも大きかったというのはすさまじい。

そして権力を宗教から世俗に戻すことに成功した信長の実績は、考えられているよりも大きいものだったことが分かってくる。
これがなければ現在まで宗教勢力の政治への介入と、それに伴う内乱も大変なものだったと思われる。

近いテーマを書いている大村大次郎著『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』では書かれていない京都五山や法華の話もあり、大変興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 織田信長,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック