FC2ブログ

『明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く』:雨読夜話

ここでは、「『明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く』」 に関する記事を紹介しています。



神経質でエレガントな読書人、朝廷や室町幕府などの古い文化を大切にする人物、というイメージを持たれることが多い明智光秀が、史料を読んでいくとあくどい面が強い人物ということを語っている作品。

まず、出自には謎が多いものの、美濃の土岐氏に関係していることや室町幕府の下級役人だったのではないか?という話がなされていて、ここは比較的妥当な論であるように感じる。

若い頃は13代将軍足利義輝に仕え、義輝が松永久秀や三好三人衆に殺された後は流浪した後に義輝の弟・義昭や信長に仕えることとなる。
そのあたりから、光秀の強引さや謀略家である面が史料に現れてくる。

他の大名や国人衆もやっていることではあるが皇室や貴族、寺院などの荘園を横領したり、足利義昭のようにかつて仕えた主君や恩を受けた人物も役に立たないと見たら裏切ったり、力関係で自分より弱いとみた人物からは年貢や労働力を徴発したりと、エレガントさとは程遠い人物像が浮かび上がってくる。

そして通説とは異なり比叡山の焼き打ちは光秀が積極的で信長はむしろ引きずられたくらいだったという話はなかなかインパクトがある。

織田家の中でも秀吉とあちこちで主導権争いをしたり、原田長政のように利害が対立する同僚を見殺しにしたり、信長の甥に当たる信澄を娘婿にして影響下に置くなど、大企業内部で社内政治をしているのに似た感じのことをやっている。

こうしたことができるのも実績を挙げていたことはもちろんだが、光秀の妹が信長の女官として絶大な信頼を得ていたらしく、現代で言うところの秘書を通したロビー活動に成功していた面が強いようである。

光秀は近畿地方をみずからの派閥で抑えた上で毛利氏や長宗我部氏などとの協調を志向していたが、対立する宇喜多氏や三好氏を支援する秀吉派の巻き返しに遭って勢力拡大を芽を摘まれてしまう流れで書かれている。
これは信長に影響を与えることができた妹が亡くなってしまったことも関係していた他、織田家のさまざまな人物から恨みを買ってきたことも大きいようである。

光秀もまた戦国時代をたくましく生き抜いてきた武将であることが伝わってきて、興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック