fc2ブログ

『偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側』:雨読夜話

ここでは、「『偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側』」 に関する記事を紹介しています。



「地球は青かった」(ガガーリン)、「日本の夜明けぜよ」(坂本龍馬)、「敵は本能寺にあり」(明智光秀)など、歴史上の人物が言ったとされる言葉が本当は言っていなかったり、誤訳などでニュアンスが異なる形で伝わったり、いい事を言っているのにやったことが全く伴わなかったなど、名言にまつわる残念な話を面白おかしく紹介している作品。

「日本の夜明けぜよ」はあまり知らなくて本書で見ても嘘くさいセリフと感じたが、これは「笑点」で林家木久扇が鞍馬天狗の真似をして言ったセリフだと書かれていて、かなり脱力した。

既に知っていたが石川啄木や野口英世のクズなエピソードも紹介されていて、啄木のところでは『石川くん』『啄木・ローマ字日記』で紹介されていたエピソードを思い出して笑ってしまった。

名前は知っていても業績にはそれほど知識がなかったキング牧師やナイチンゲール、ジェファーソン(アメリカ第三代大統領)などの残念なところ、例えばナイチンゲールがクリミア戦争時に初歩的な衛生管理のミスで1万8000人が亡くなった話などはかなりショッキングである。

名言が捏造される過程も書かれていて、これまであまり読んだことがないテーマで書かれていたのが新鮮で、興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック