fc2ブログ

『投資賢者の心理学』:雨読夜話

ここでは、「『投資賢者の心理学』」 に関する記事を紹介しています。
投資賢者の心理学 (日経ビジネス人文庫)
Posted with Amakuri
大江 英樹
日本経済新聞出版社 2018/1/6


投資でやってしまいがちな不合理な行動や、金融商品の販売側が意図的にミスリードしている部分、広く信じられているが必ずしも正しくない投資での常識などを、行動心理学の手法を用いて解説している作品。

買値にしばられてしまって値段が下がっている場合に損切りができない話が最も強力な心理的にやってしまいがちな不合理な行動と感じていて、分かっていても多分克服できないと思う。

また、値段が下がってから買い増すナンピン買いは掛け金を増やすことになるのでその会社の見通しも確認せずにしてはいけないことや、値段が上がり続けている時に買うかどうかの判断など、思い当たりそうな話が多い。

積み立て投資で使用されるドルコスト平均法の効果と限界、販売側のメリットにも触れられていて、ベストではないにしても心理的な影響を受けにくい点はやはり有効なのだと改めて感じた。

こうした不合理な行動に対しては、ほどほどの額で投資をやってみて痛い目を見ることが有効なことが書かれていて、思い当たる部分があって納得できた。

言われてみれば・・・という話が多く、役立つ1冊だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック