fc2ブログ

『室町幕府全将軍・管領列伝』:雨読夜話

ここでは、「『室町幕府全将軍・管領列伝』」 に関する記事を紹介しています。
室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)

日本史史料研究会 (監修), 平野 明夫 (編集)
講談社 2018/11/1



室町時代の将軍と管領、将軍に準じた扱いをされた人物、管領制度が始まる前の執事、管領代といった人物を紹介・解説している作品。

南北朝時代に高師直や仁木氏などが務めていた執事の役職は義満の時代くらいに管領の制度になり、斯波氏、畠山氏、細川氏の三管領システムが採用されている。

管領は応仁の乱あたりまではそれなりに機能していたようだが、それ以降は「儀式のために1日だけ就任して翌日に辞任」するような軽いものになっていて、子供が就任する場合もあるなど必ずしも実力者が務める役職ではなくなっている。

南北朝、観応の擾乱、明徳の乱、嘉吉の乱、応仁の乱、明応の政変といくつもの戦乱があり、将軍家VS関東公方、将軍側近VS有力守護、有力守護間の対立、各大名家での家督争い、さらにはその下の有力家臣も絡んでの争いと、敵味方が入り乱れる上に寝返りや裏工作があったりと、かなり複雑な情勢となっている。

恐怖の独裁者というイメージがある義満や義教も有力守護たちに御所を軍勢で包囲されて要求を呑まされることがあり、すごい時代だったことが分かる。

そして名前では一族によく使われる字、将軍から拝領した字として、義、氏、頼、満、持、政などが名前に入っている人物が何人も出てきて非常にややこしい。
本書を読んでいると、教科書であまり触れられていないのはややこしくて説明が難しいからということが理解できる。

将軍について、教科書や歴史小説などとは異なる人物像が見られたり、過去に読んだ本で名君とされる細川頼之と斯波義将がライバル関係にあったことなど、知らなくて新鮮な話がいくつも書かれていて興味深かった。

本書の性質上敵役や脇役の扱いとなっていた山名氏、六角氏、土岐氏、大内氏といった有力守護や、後に戦国大名にのし上がる朝倉氏や織田氏、三好氏など、将軍の外戚や側近だった日野氏や伊勢氏、公家の近衛家や九条家の人物についても、本を別に出してくれれば読んでみたい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック