fc2ブログ

『軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル』:雨読夜話

ここでは、「『軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル』」 に関する記事を紹介しています。



メディアに出ることが多い東大の史料編纂所教授による、軍事のリアルさから日本史を語っている作品。
戦前は軍部による精神主義的な考え方の押し付け、戦後は敗戦による軍事を忌避する傾向によって歴史学で真っ向から軍事について語られることが少ないことを問題提起し、本書は書かれている。

軍事の前提として戦術、戦略、兵站、兵力、装備、大義名分の6要素のどれもが重要であり、戦術で他の不利を逆転しようという考え方は邪道だとバッサリ切り捨てている。

大抵の場合は兵力や装備が優れた側が勝つわけだし兵站が続かなければ戦争できないわけで、それらを準備するための経済力を備えることを、石高当たりどれくらいの兵力が出せるか?という話につなげている。

兵隊にしてもプロの軍人でない徴兵された一般大衆は戦争なんて行きたくもないし殺すのは怖いという感覚を持つのは当然であるとして、彼らを戦わせるための装備の工夫や煽るための大義名分などにも話が及んでいる。

戦国武将の話では近畿を支配したことで共通する信長と三好長慶でも動員した兵力に大きく差があるとしていたり、武田信玄の戦略的な微妙さ、秀吉が実施した戦争における革命的手法、家康の哲学が「江戸」の地名を変えなかったのではないかという話など、興味深い部分が多かった。

あまり歴史学で語られないところがきちんと書かれているように感じていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本郷和人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック