FC2ブログ

『承久の乱 日本史のターニングポイント』:雨読夜話

ここでは、「『承久の乱 日本史のターニングポイント』」 に関する記事を紹介しています。



鎌倉時代初期に発生してその後の時代が大きく変わったにも関わらず、源平合戦や南北朝の戦乱、応仁の乱、関ヶ原の合戦などと比べると扱いが小さい承久の乱とその前後の時代について、いかに大きなターニングポイントであったかを解説している作品。

著者の作品は読者の関心に合わせて戦国時代を扱ったものが多いが、本来は鎌倉時代が専門なのでノリノリで書いたことをあとがきで語っている。(一度は別の大手出版社から企画をボツにされたらしい)

承久の乱の扱いが小さいのは、発生から戦後処理までの期間が短かったことや鎌倉幕府軍の圧勝という結果で見所が少ないことなどを挙げていて、多分後鳥羽上皇側に大して魅力的な敵役がいなかったこともあるのではないかと思っている。

この時代についてはその前の平安時代が、公地公民の建前と荘園という権利保障が不確かなシステムに対し、実力で財産権を保証してくれる存在として出現したのが著者の言う「頼朝とその仲間たち」である鎌倉幕府ということになる。

この組織は実力主義の部分が大きかったこともあり、壮絶な権力闘争の結果として梶原景時、比企一族、畠山重忠、和田義盛といった有力御家人たちが粛清され、北条時政も長男の北条義時にクーデターで排除され、北条義時が「鎌倉の王」となり鎌倉幕府が「義時とその仲間たち」になった過程が書かれている。
このあたりは呉座勇一著『陰謀の日本中世史』でも扱われていて、えげつない権力闘争であることを再認識した。

北条氏のために書かれた歴史書である『吾妻鏡』ではこのあたりの粛清劇や、殺害された頼家・実朝の源氏将軍を暗君の扱いにしたり、義時が父の時政を排除したダーティさを薄めるために「時政は武士の鑑である畠山重忠を罠にかけて殺した悪人」という感じで書かれているなど、後世の都合による脚色についても書かれている。

一方で後鳥羽上皇は負けたのでダメなイメージがあるが、実際は文武に秀でて政治力もあるカリスマだったことが書かれていて、西日本の守護クラスにも影響力があったので勝算があったと書かれているのは少し意外だった。
誤算だったのは影響力があるのが守護クラスの上級武士までで、その下の地頭クラスの武士から支持されたわけではないことや、鎌倉幕府側で大江広元のような官僚が朝廷にビビッていた御家人たちに短期決戦で片をつけるよう進言したことが大きかったようで、長期化すると結果が変わっていた可能性があるようである。

著者らしい軽妙な語り口で知名度はあっても実態があまり知られていない承久の乱を分かりやすく解説していて、興味深く読むことができた。
坂井孝一著『承久の乱』も読んでみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本郷和人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック