fc2ブログ

『ヘッポコ征夷大将軍』:雨読夜話

ここでは、「『ヘッポコ征夷大将軍』」 に関する記事を紹介しています。
ヘッポコ征夷大将軍
長谷川 ヨシテル
柏書房 (2018-11-12)



タレントで歴史作家の長谷川ヨシテルによる、鎌倉・室町・江戸幕府の征夷大将軍たちによる、偉人らしからぬ人間臭いエピソードを紹介している作品。
『ポンコツ武将列伝』と同様、主人公はさんづけしていて、その人物に対する敬意や愛情が伝わってくる。

鎌倉幕府の源氏将軍は『承久の乱 日本史のターニングポイント』、室町幕府の将軍は『室町幕府全将軍・管領列伝』を少し前に読んでいてある程度の予備知識があったが、本書ではタレントが書いている分か「イケメン」とか「ひきこもり」などと歴史学者が書かないような書き方をしているので気軽に読める。

源実朝のスピリチュアル、足利尊氏や徳川家康の切腹したがるくせ、足利義詮が京都からの脱出をお家芸とするリアリスト、足利義教のエゴサ好き(明の太祖洪武帝・朱元璋と少し似ている)、足利義尚のイケメンとの評判など、特徴を端的に表していて印象に残る。

室町幕府の将軍では、有力大名と対立or反主流派の反乱 → 京都から逃げる → 和睦や他の大名の後押しで京都に戻る → 有力大名と対立or反主流派の反乱・・・ というパターンが繰り返されていて、細川、三好、大内、六角などの有力大名とは大抵の場合関係がこじれているのが乱世なのだと感じた。

徳川将軍では家綱、家宣、家重、家治、家慶、家定あたりはリーダーシップを取るタイプでないために印象が薄いが、庶民思いだったり意外と苦労人だったなど、それなりにいいところがあったところも書かれている。
家重や家定のように生まれつきの病気を抱えて将軍を務めなければならなかったのは大変だったと感じたり、各人の評価はその時期に政治を任せた大老や老中(保科正之、田沼意次、松平定信、水野忠邦、井伊直弼など)に因る部分が大きいとも思った。

著者が楽しんで書いていることも伝わってきて、興味深く読むことができた。







あの方を斬ったの…それがしです
長谷川 ヨシテル
ベストセラーズ 2018/3/20


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック