fc2ブログ

『承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱』:雨読夜話

ここでは、「『承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱』」 に関する記事を紹介しています。



承久の乱について『吾妻鏡』や『愚管抄』などの史料からその実相を解説している作品。

先日読んだ本郷和人著『承久の乱 日本史のターニングポイント』と同じテーマで、本書はより史料から読み取れる話が多かったり、系図や地図を多用してそれぞれの登場人物の動きについての話に重点を置かれているように感じた。
同じテーマでもそれぞれ切り口が違っていて、2冊読んでどちらも楽しめる。

敗者になったために少し残念な印象をつけられがちな後鳥羽上皇が多才でカリスマ性がある英傑だったと思われることや、これも文弱な印象がある三代将軍実朝が実際は母の政子や叔父の北条義時の干渉をはねのけて権力を行使できていた話がなされていて、意外性に少し驚く。

後世から見ると必然と思われることも、当事者たちからすると想定外のことが次々と発生しているわけで、結果から逆算する陰謀史観には注意する必要があると改めて感じた。

三浦、佐々木、大江、大内など、鎌倉幕府の要人の一族で京都に在任していたために京方についた人物も多く、一族内で敵味方に分かれて戦ったことが分かり、いかにも鎌倉時代っぽいと感じた。
例えば北条義時の弟である時房なども、乱の勃発時に京都にいたら京方についた可能性があったかもしれない。

元々後鳥羽上皇が戦いの目的としたのは「執権・北条義時の追討」だったのだが、義時や三浦義村など鎌倉方はこれを「鎌倉幕府追討」とすり替え、京方の使者を拘束したことが鎌倉方の勝利の要因だったようである。
そして北条政子の有名な演説で鎌倉方がまとまってから、大江広元や三善康信といった下級公家出身の幕府の文官たちが、京方が準備に時間がかかる傾向にあることや長期化するほど不利になるという理由から積極策を取ることを進言したことも大きかったことが分かる。

歴史の教科書で受けた印象と異なることが書かれていたり、緊迫した状況が伝わる書き方などが読み応えがあってなかなか良かった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック