FC2ブログ

『超訳 ニーチェの言葉』:雨読夜話

ここでは、「『超訳 ニーチェの言葉』」 に関する記事を紹介しています。

超訳 ニーチェの言葉
白取 春彦 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010-01-12)



近代のドイツで活躍した哲学者・ニーチェの言葉232を現代語訳および解説している作品。
このシリーズ共通の、右が訳文、左が解説という見開き2ページずつの構成になっている。

けっこう前に購入したまま積読していたものを、ようやく手に取って読んだ。

ニーチェについての本は2冊ほど読んでいるが、「神は死んだ」という言葉と従来のキリスト教的な考え方を批判していることくらいしか記憶に残っておらず、下の関連記事を読み直した。

それだけに本書を比較的素直に読んでいったが、意外と健全な言葉や、人間心理の微妙さを鋭く突いている言葉、うまい比喩などが印象に残る。

例えば「一日の終わりは疲れているので、反省してもウツになるだけ」とか、「疲れたり嫌になったら食事を摂ってたっぷり眠ること」とか、「仕事に打ち込むと色々な嫌なことを忘れさせてくれる」といった趣旨の言葉は、哲学者然としたところが少なくて好感が持てる。

また、「批判は風、なければ腐敗する」や「過去だけでなく夢にも責任を持つ」という表現に目を見開いたり、ぶれないことは頑固なだけで評価に値しないという旨の話、さまざまな形で人を辱めることがいけないことなど、読み返したい言葉が多い。

ベストセラーになっただけのことはあると思った。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フリードリッヒ・ニーチェ著、白取春彦訳 『超訳ニーチェの言葉』(ディスカバー)、通読。 ニーチェの言葉が多数紹介されています。 「超訳」というタイトル通り、たぶん、かなり意訳されているのだと思いますが その分、読みやすくなっています。 ただ、今の私には、あんまり刺さってくる言葉がなかったです。 訳の問題というよりは、 多分、今の私のステイタスが、あんまりニーチェを求めていなかったので...
2020/01/02(木) | 観・読・聴・験 備忘録