fc2ブログ

『あなたの歴史知識はもう古い! 変わる日本史』:雨読夜話

ここでは、「『あなたの歴史知識はもう古い! 変わる日本史』」 に関する記事を紹介しています。



学校の教科書で教えられてきたり、小説やドラマ、映画などで印象付けられてきた歴史上の人物のキャラクターや事件の性質、さらには肖像画で描かれた人物などが、研究が進んだこともあって変わっているものもおおいことを紹介している作品。

既に知っている話が多く、新説の紹介も偏っているように感じたりもしたが、それなりに読みやすくはある。

面白かったのは千葉道場で学んで剣の達人というイメージのある坂本龍馬が、免許皆伝を取ったのは刀ではなくナギナタのもの、しかも低い階級のものだったというもので、実はそれほど強くなかったのではないか?という話で、司馬遼太郎による盛り方もあって人気がありすぎるようにも感じてきたので笑ってしまった。

他には源義経と山本義経という2人の義経の事績が混同された説や、井伊直弼が実は朝廷を尊重していたらしいこと、桜田門外の変での死因は斬殺ではなく銃殺だった可能性という話も興味深い。

あと、榎本武揚らの函館共和国は必ずしも日本からの独立を意図したものではなく、明治政府に対して旧幕臣の生活を保障するためのものであるとの文書が残されていて、あくまで旧幕臣の救済措置(のみ)だったという話にも少し驚いた。

時代劇などのヒーローや悪役のイメージが崩れてショックを受けるという人もいるかもしれないが、私はさほど気にならない。
なぜなら所詮はエンターテイメントでしかないと思っているからである。

それよりも、確かでなければ人物や事績をなかったことにしようとする傾向の方がちょっとどうかと思っている。
例えば聖徳太子がいなかったとするなら、多く残されている文書や法、美術品、建造物は誰によるものかという疑問に対する回答は必要と考えている。
古代史において日本の書物を軽視して隣国の記録を重視する人がしばしばいるところも気に入らない。

そこそこ楽しんで読むことはできた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック