fc2ブログ

『沢村さん家の久しぶりの旅行』:雨読夜話

ここでは、「『沢村さん家の久しぶりの旅行』」 に関する記事を紹介しています。



父・四朗(70)、母・典江(69)、娘・ヒトミ(40)の沢村さん一家を描いたコミックエッセイの第3作。
タイトルにあるように四朗と典江が函館旅行したり、ヒトミが沖縄旅行に行ったりしているがほんの一部で、基本的には先日読んだ『沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳』と同様の日常を描いた話が中心になっている。

四朗が自分史を執筆していたり、昔の話をすると典江が四朗に言い放つ「今だから言うけど」の攻撃力、ヒトミが「もう・・することはないかもしれないし」といったセリフの重さなど、第1作からさらに設定が充実していっていることを感じる。

基本見開き2ページで2+4+4+4の14コマという構成が長くも短くもなく、ゆったりした感じで読むことができる一因なのかもしれないとも思っている。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック